ブロードラインの最安値は?→うさパラが最安値

猫の寄生虫予防薬として人気のブロードラインですが、病院で処方してもらうと1本1600円+診察料1000円程度の費用がかかってしまいます。
1ヶ月で1本使用するので、その費用負担は馬鹿になりません。

 

しかし、通販(個人輸入)なら診察料もかからず、格安でブロードラインが手に入ります。

 

現在、ブロードラインを取り扱うネットショップはいくつかあるので値段を調べてみました。

 

ブロードライン(3本入り、2.5-7.5kg用)の価格

A社:15,675円
B社:5,380円
C社:4,600円
D社:4,600円
うさパラ:3,867円

※為替相場により価格は変動します。
※2.5kg未満用の商品もあります。

 

調べてみるとうさパラが最安値、1本当たり1,300円程度でした(送料無料)。
さらに、12本だと12,885円なので、1本当たり千円ちょっとまで割安になります。

 

→ブロードライン(2.5kg未満)の詳細・口コミはこちら

 

→ブロードライン(2.5-7.5kg)の詳細・口コミはこちら

 

ブロードライン・レボリューションの比較

ブロードラインのように、一度にフィラリア予防、ノミダニ駆除、内部寄生虫駆除ができる猫用のオールインワン型の薬として、レボリューションも人気です。
ここではこの2つの薬の効果などについて比較してみます。

 

ブロードライン レボリューション

有効成分:
フィプロニル、(S)−メトプレン、エプリノメクチン、プラジクアンテル
※7週齢未満の子猫には投与しない

有効成分:
セラメクチン
※6週齢未満の子猫には投与しない

効果:
フィラリア予防
ノミ駆除
マダニ駆除
回虫・鉤虫・条虫類駆除

効果:
フィラリア予防
ノミ駆除
ミミヒゼンダニ駆除
回虫・鉤虫駆除

1本当たりの価格:
1300円程度

1本当たりの価格:
1000円程度

フィラリア予防、ノミ駆除、回虫駆除の効果は同じです。
違いは駆除できるダニの種類と、ブロードラインには条虫(サナダムシ)の駆除ができる点です。

 

もし、ミミヒゼンダニの駆除に重きを置くならレボリューションを、マダニと条虫の駆除に重きを置くならブロードラインがおすすめとなります。

 

なお、動物病院で処方してもらう場合、耳にダニがついていないならブロードラインを処方されることが多いそうです。

 

ブロードラインの副作用は?

ブロードラインには痒み・脱毛等の副作用が見られる可能性があります。

 

また、農林水産省管轄の動物用医薬品データベースではブロードライン使用後に死亡した事故について数件の報告がありますが、健康状態など他の理由が原因である可能性もあり、ブロードラインが直接的な原因となって死亡したと断定できるケースはありません。
http://www.nval.go.jp/asp/se_list.asp?argeCode=16377&argeName=ブロードライン

ブロードライン体験談

実際にブロードラインを使用している飼い主さんに話をうかがいました。

 

耳ダニがいなかったのでブロードラインを使用(50代/女性)

ブロードラインを使用するに至った経緯ですが、迷いネコを保護したのがきっかけです。
我が家ではネコを2匹飼っていました。ある日の夕方、ハチワレの子猫が我が家の塀でうずくまっていました。近くを見ると同じハチワレの猫が見上げています。これは何かの事情で降りられなくなったと思い、抱き上げて親猫?に渡そうと下したところ、お互い逆方向に走っていく始末。子猫はこのままだと車にひかれてしまうかもしれないし、どうしようかと思いつつ、とりあえず様子を見るためにいつもお世話になっている獣医さんに相談しました。

 

検診の結果ノミがいましたが、耳ダニはいないとのことで、先住猫に病気をうつさないために、隔離して投薬したほうがよいということになり、初めてブロードラインを紹介されました。

 

正直その時点ではどこかの迷いネコだと思っていたので様子を見てもらうだけのつもりだったのですが、先生の中ではすでに我が家の猫になる前提だった様子で、他の薬に比べて値段は少し高いけど、ノミ、マダニ、回虫の他、ノミを食べる回虫である瓜実条虫という寄生虫にも効果があると説明を受けました。

 

さらに子猫の背骨の浮き具合、歯の生え具合から言っても結構長いことノラをやってたと思われるので恐らく捨て猫でしょう。先住猫に病気や虫をうつさないためにも、駆除する能力が高い薬を使っておきましょう。とのことでした。日ごろからお世話になっている先生で信頼関係がありましたので、迷うことなくブロードラインを使用することにしました。耳ダニがいなかったのもよかったのだと思います。価格は2,000円前後だったと思います。

 

効果についてですが、隔離時に1回投薬し、2週間後に迎え入れ、効果が切れる1か月後に念のため再度投薬しました。その後虫がいるような症状もありませんので効果があったのだと思います。副作用も特になく元気に家族の一員となりました。ブロードラインを処方してもらってよかったと思います。

 

オールインワンが便利なブロードライン(30代/男性)

ペットの健康管理はとても大事と言われていますが、外見的に見えない部分の寄生虫などは最初どうやって管理するのかが分からずに悩んでいました。ネットなどで調べてみるとやはりお薬などで予防するのが大事と言われており、それで動物病院に行ってみて相談をしてみました。やはり寄生虫関連ということで専門的なお医者さんの薬が一番安全だと思いますし、そこで出されたブロードラインはオールインワンタイプで色々な寄生虫やダニの予防薬となっているので便利だと感じました。

 

色々なサイトなどで比較されているものとしてはレボリューションがあるのですが、そこまで値段の差も大きくないのでこの辺はケチらずに医師から出されたブロードラインを使用することにしました。ノミ、ダニ、フィラリアなど色々な予防にもなりますし、治療費なども含めてもブロードラインは2000円程度で済んだので結構安いんだなと思いました。

 

実際にはまだこのようなノミ、ダニ、フィラリアなどで大きな症状が出たことはないのですが、それでも目に見えない範囲なので予防と駆除という目的のために使いました。意外にも忌避効果というものはないのは意外でしたが、それでも1ヶ月に1回で済むので手軽で便利だと思いました。使用感としてはまあ猫ちゃんに垂らすだけで済むので簡単ですが、使用後にシャンプーをしてはいけないのでこの点だけは気をつけました。まあ自分の猫ちゃんはあまり水浴びやシャンプーが好きではないのでこの辺は大丈夫でしたが、2日を越えると薬液が全身に行き渡るのでシャンプーなどは大丈夫だそうです。気になる副作用などはあまり目に見えて出なかったので安心しましたが、猫ちゃんによっては嘔吐や下痢などの副作用が出るそうですね。

 

1ヶ月に1回定期的に使っているのですが、やはりノミやダニなどで身体が痒くなるような感じは無くなっていると思います。フィラリアに関しては症状が出てないのでしっかりと予防出来ていると思うので、色々とオールインワンな対処方法としてもブロードラインは便利な薬ですね。

 

動物病院で勧められたので使っています(50代/女性)

うちには、猫が3匹います。
いずれも、訳ありの雑種猫です。外で生活していた子猫を拾ってきたり、救助したり、交通事故で殺処分されそうになったのを引き取ったりした猫です。

 

猫を飼い始めたときは、ペットショップで購入した血統書付きの猫を購入しました。産まれてからずっと、ペットショップで暮らし、その後、うちに来ても、家の中で暮らしていましたし、かかりつけの獣医師さんからも、予防接種の提案はあっても、ノミ・ダニの駆除については提案がなかったですし、何もしていませんでした。

 

ところが、その子がかなり高齢になったとき、外で暮らしていた生後6か月程度の猫を子どもが拾ってきました。その場所は、親猫がよく子猫を捨てる場所で、その子も親猫に捨てられた様子で、しばらくは一人でネズミなどを食べて生きていたようですけど、見るにしのびなく、冬になるから、ということで連れて帰りました。

 

その子は、家ですぐにトイレは覚えたのですが、うんちの中に寄生虫がいることが判明しました。白い長い虫らしきものがうんちの中にいて、慌てて獣医さんに連れていきました。寄生虫駆除の薬を二人分もらい、二人ともに飲ませました。

 

それまで血統書付きの猫としか暮らしていなかったので、拾ってきた猫ではこのようなことがあるんだ、と驚きました。これがきっかけで、ノミやダニの駆除をしないといけない、と思うようになりました。

 

そこで、二人とも調子がよくなってから、動物病院の獣医さんに相談に行き、紹介されたのが、このブロードラインでした。そのとき、レボリューションについては特段勧められず、これを使っておけば、万能だから、といわれ、何も考えず、では、それで、とお願いをした次第です。値段は、1本1800円だったように思います。

 

その効果については、わかりません。ですが、少なくとも、その後、血統書付きの猫は他界し、新しく2匹の猫が加わったのですが、いずれもこれをそのまま使っています。それで、特に問題はありませんから、効果はあるのだろうと思います。つけると、一瞬、嫌がり、機嫌が悪くなり、その部分を手で触ろうとしますが、あとは、特別どうといったことはありません。

 

副作用はありませんよ(20代/女性)

ブロードラインを使うようになったのは、猫への寄生虫などの感染が心配だからです。
室内で飼育をしているのですが、室内飼いの猫でもSFTSウイルスが検出された事例があります。ノミやダニは皮膚のかゆみや貧血などの症状を招く心配があります。猫は具合が悪くなっても自分で申告をしてくれないので、飼い主が気をつける必要があるのですが、お腹の中の状態を見ることはできないし、ダニなど小さくて発見するのが困難です。そこで、ブロードラインを使うことにしました。

 

ブロードラインなら、月1回の投与でマダニ・ノミの駆除、犬糸状虫症の予防、お腹の中の虫の駆除ができます。これまではマダニにはマダニ用、お腹の中の虫の駆除にはお腹の虫駆除用など、それぞれに対して対策が必要だったようですが、ブロードラインならこれ1つでさまざまなものに対処できるので助かります。

 

ブロードラインは動物病院で処方をしてもらっています。獣医さんに相談をしたらブロードラインを勧められたので、他の製品は考えませんでした。薬なので安易に使うことには心配がありますが、獣医さんが勧めてくれたものだし、うちの猫のことを知ったうえで処方をしてくれているので、安心感があります。

 

動物病院で処方をしてもらうと2000円くらいです。それほどお財布の負担にはなりません。大きな病気になって高額な治療費がかかるなら、これくらいの出費は気にならないです。

 

最初は使用方法が慣れなくて滴下することが難しかったのですが、何度か使用をすることで慣れてきました。
ブロードラインは嘔吐や抜け毛などの副作用があるそうですが、使っていてそのような副作用はでていません。これまで通り元気に過ごしているし、ご飯もちゃんと食べています。マダニやノミなどには感染していないようなので効果が表れているのだと思います。

 

月1回の投与でマダニなどの駆除やお腹の中の虫などを駆除ができるので助かっています。これで猫の大きな病気を防げればよいです。

 

→ブロードライン(2.5kg未満)の詳細・口コミはこちら

 

→ブロードライン(2.5-7.5kg)の詳細・口コミはこちら